Licensed Scrum Master Training

概要

Scrum Inc.認定資格スクラムマスター研修はスクラムの共同創案者であるJeff Sutherland博士によってつくられました。
このコースの受講者は、何十年に渡り、世界中のビジネスの現場でハイパフォーマンスなスクラムチームを立ち上げてきた、博士の洞察や戦略を自らのものにすることができます。

この2日間のコースは、体験型のワークショップを含み、活気で溢れています。
クラスの参加者は、まずスクラムチームを構成するところから始まります。
紙飛行機ゲームやレゴなどさまざまなゲームやエクササイズを通して、スクラムマスターの役割を体感することができます。
インストラクターの助けを得ながら、チームでプロダクトバックログを作成したり、優先順位付け、バーンダウンチャートの管理をします。

このコースが終わるころには、スクラムがいかなるプロジェクトでも生産性を上げられることが分かります。
このコースはスクラム経験の有無に関係なく、どなたでも受講することができます。

2018年秋予定

予 告
開催場所未定
費用20万円/人 (消費税別)

2018. 6/4 (月)・5 (火)

募集終了
開催日2018年6月4日(月)・5日(火)
両日とも9:30-18:00
開催場所ベルサール神保町(東京) Room4+5
費用20万円/人 (消費税別)

2018. 6/18 (月)・19 (火)

募集終了
開催日2018年6月18日(月)・19日(火)
両日とも9:30-18:00
開催場所KDDIホール(東京・大手町)
費用20万円/人 (消費税別)

2018. 6/28 (木)・29 (金)

募集終了
開催日2018年6月28日(木)・29日(金)
両日とも9:30-18:00
開催場所JRゲートタワーカンファレンス(名古屋駅)
費用20万円/人 (消費税別)

習得できるスキル:

  • スクラムマスターとしてあらゆる環境や業界のチームをリードすることができる
  • 集中、勇気、確約、オープンさ、尊敬といったスクラムの価値を体現する
  • 業界のリーダーやアジャイルのプロフェッショナルたちとのネットワーク
  • Scrum Inc.認定資格スクラムマスター試験に合格し、LSM認定証を受け取る

スクラムの共同創案者であるJeff Sutherland博士によってつくられた唯一のスクラムマスター研修

私たちのユニークなScrum Inc.認定資格スクラムマスター研修は、Jeff Sutherland博士によってつくられました。
これまでJeffとともに講義をしてきた各トレーナーは、経験をもとにあなたの質問に答えます。
彼らは企業がどのようにスクラムを導入し、既存の市場をディスプラプトするか教えてくれるでしょう。

受講者の声

スクラム開発の正しい知識を学びたかったため受講を決めました。
具体的な事例を交えながら説明してくれてわかりやすかったです。
スクラムについて疑問に思っていたポイントが解消しました。
特に、実習で実体験として学べたのは大きかったです。
(株式会社日立製作所 海老原 友也様)
Scrumの研修を実際のScrum手法(バックログ、デイリースクラム)を用いて研修が進んだ点がよかった。
今やっているスクラムが間違っていることが多くみつかり、修正して正しいスクラムを取り組みたい!
(東芝情報システム株式会社 梶田 環嗣様)

よくある質問

QCSM / CSPOとの違いはありますか?

スクラムアライアンスから認定されるCertified Scrum Master(CSM) / Certified Scrum Product Owner(CSPO)との主な違いは、

  • LSM/LSPOは、スクラムのオリジナル開発者であるジェフ・サザーランド博士がCEOを勤めるScrum Inc.から認定されます。
  • LSM/LSPOの資格保有者は、専用オンラインサイトで、スクラムに関する質問をすることが可能で、質問にはジェフ・サザーランド博士を始め、Scrum Inc.のコンサルタントが回答します。
  • LSM/LSPOの資格保有者は、Scrum Inc.のスクラム教育オンラインコンテンツに一定期間、無料でアクセスでき、世界最高基準のスクラム教育サービスを日本語で受けることが可能です。KDDIと永和システムマネジメントによる、無料セミナーが提供されます。(予定)

※CSM・CSPOの資格保有者の方には、Scrum Inc.認定試験を受けることで、LSM/LSPOの資格を授与する仕組みをScrum Inc.で検討中です。

QScrum@Scale™とは?

Scrum@Scale™とは、LSM,LSPOの上位資格として2017年12月より開設された資格です。
組織に移行する理論(Scrum@Scale)をSpotify社やSAP社などの豊富な事例とワークショップを通じて学びます。
このコースを受講することで、企業経営者や事業責任者、部門責任者は、既存組織をアジャイルな組織に変革し、大規模なスクラムチームを運営することができます。

QScrum@Scaleの次回開催予定はありますか?

2018年夏開催を予定しております。

QLSMとLSPOはどのような違いがありますか?

LSMでは、主にジェフ・サザーランド博士がスクラムを創案した背景や経緯の説明、スクラムのゲームを通じて、スクラムマスターがいかに、ハイパープロダクティブなチームを運営、けん引していくかを学びます。
LSPOでは、スクラムのゲームを通じて、顧客のニーズを把握し、いかに整理されたプロダクトバックログを作成するか、プロダクトバックログのROIをどのように測定し、優先順位付けをするべきかを学びます。

QLSM / LSPOとは?

Scrum Inc.認定資格スクラムマスター(Licensed Scrum Master、LSM) /Scrum Inc.認定資格プロダクトオーナー(Licensed Scrum Product Owner、 LSPO)は、Scrum Inc.のセミナー、ウェビナー、論文、テストを通じて、スクラムに関する正しい教育を提供することを目的として、 2017年4月よりScrum Inc.でスタートした、スクラムアライアンスとは異なる資格制度です。